夫に不信感を抱くようになり浮気の証拠を探偵に依頼して離婚しました

夫に不信感を抱くようになったので浮気の証拠を探偵に依頼して離婚しました

私は27歳の時にその当時付き合っていた恋人の男性と結婚をしました。それから3年は順風満帆な結婚生活を送っておりとても幸せだったのですが、ある時期から夫に対して不信感を抱くようになりました。
最初に異変を感じたのは夫が残業で会社からの帰宅が遅くなることが多くなったことです。私自身も会社員として働いていたのですが、それまで私より帰りが早いことがほとんどだった夫が、私よりも遅く帰宅する日が増えたのです。その頻度は徐々に増えていき、新しいプロジェクトの仕事が忙しいという理由で朝まで帰宅しないという日もあったのです。また、その頃からスマートフォンをロックするようになり、私に見られないようにどこかに置きっぱなしにするということも無くなりました。
このような変化から私は夫の浮気を疑うようになったのですが、証拠となる者がありませんでした。そんな時、友人夫婦から夫が繁華街で女性と手を繋いで歩いていたという目撃情報を得たのです。これは確実に浮気をしていると確信した私は、近くに合った探偵事務所を利用して夫の浮気の証拠を集めてもらうように依頼したのです。
探偵の方に仕事を依頼してから2週間で早くも浮気の証拠が集まりました。相手の女性は夫の会社の同僚で、一緒にラブホテルに入る写真が複数枚とそこでの滞在時間、道端でキスをしている写真などの証拠を手に入れました。
そして、これらの証拠を夫に見せて浮気を認めさせると、夫は離婚だけはしないでくれと泣きついてきました。しかし、私はこれ以上この人と夫婦でいることは無理だと思い、離婚をすることにしたのです。離婚をする際は夫と相手の女性の双方に慰謝料の請求を行いました。相手の女性もすぐに自分の非を認め、謝罪と慰謝料の支払いに応じました。
その後夫は会社を退職し、地元に帰って農家を営んでいる両親の手伝いをしていると風の噂で聞きました。相手の女性も同様に会社を退職し、今は他の男性と結婚しているようです。

 

(年齢:30代 地域:東京 職業:会社員 浮気相手:会社の同僚の女性)